ピルの服用による副効用とその種類

可愛い女性

卵胞ホルモンと黄体ホルモンという異なる種類の女性ホルモンをともに配合した低用量の経口避妊薬は、一般にはピルという名称で呼ばれていますが、こうしたものの本来の効果・効能が避妊であることはいうまでもありません。
しかしながら、ピルを服用することによって、避妊のほかにもさまざまなメリットがあることが知られており、こうしたものは副効用と呼ばれています。

ピルの副効用のなかでも、女性の月経に関連した種類の副効用としては、月経困難症や月経前症候群などの改善効果といったものが挙げられます。
ピルを服用すると、受精卵のベッドにあたる子宮内膜が厚くなる前に月経が起き、妊娠が妨げられます。
このことは同時に、月経の際の出血を少なくしたり、子宮の収縮を抑えることにもつながりますので、月経に伴う痛みなどの不快な症状が緩和されるのです。

また、ホルモンバランスにかかわる種類の副効用としては、ニキビの抑制や更年期障害の緩和といったものがあります。
更年期障害は、閉経にともなうホルモン変化が理由となって、頭痛、めまい、のぼせなどのさまざまな症状をもたらすものですので、女性ホルモンを含むピルを日々服用することで、体内の濃度が一定に保たれることはプラスにはたらきます。
男性ホルモンの過剰分泌により悪化する肌のニキビも、ピルの服用で女性ホルモン優位となれば同様に改善されます。

さらに、疾病に関わる種類の副効用として、子宮体がんや卵管炎などを予防するというものもあります。
ピルの成分である黄体ホルモンには子宮内膜を保護するはたらきがあるため、がんのような悪性の腫瘍はできにくくなります。
服用によって子宮頚管粘液の質も変化し、細菌などを子宮内に寄せ付けないようにはたらきますので、卵管炎などをもたらす病気の原因もなくなります。

サイト内検索
最近の投稿
可愛い女性

ピルの服用による副効用とその種類

2019年05月11日